ストレス過多な労働環境

- タグ: ,

 病院での勤務があまりにも過酷であることから、「この病院を辞めて、どこか違う所に転職をしよう」という考えが浮かんでくることは珍しいことではないかと思います。このようにして、看護師が転職を考える時というのは、自分が今勤めている病院で自分が意図した通りの貢献を患者にしていくことができているのかという疑問や、ライフスタイルに沿う労働環境から著しくかけ離れていて、プライベートでの時間が取れないことなどが考えられる場合です。「こんなにつらい思いをして仕事をするんだったら、始めからこの病院を選ぶんじゃなかった」という現役看護師の声を聞くことは少なくないでしょう。こうした声を聞くたびに「この人も近々この病院を退職して、今度こそ自分の希望に沿う病院に転職できるように就活をしていくのだろうな」と感じます。
 病院内で起こる様々な出来事のうちで、自分に振りかかる不快なことは少なくありません。その不快なことは自分をおとしめていくものばかりであり、それらが自分にたくさん積み重なることによって大きなストレスとなってのしかかっていき、結果として看護師を退職に追い込んでしまうこととなるのです。自分が耐えられるであろうストレスであっても、日々の仕事で蓄積していくことで、社会生活を送る上での自身をむしばむ大きな障害となってしまいます。場合によってはそのストレスによって深刻な精神疾患を患ってしまうこともあります。こうしたことから、ストレスに耐えかねて退職をされる方が多いことがうかがえて、そのストレスの撲滅に向けた意識改革が叫ばれている情勢が見て取れます。
 社会人としての役目を果たしていこうと考えたときに、おのずとプライドが表出することがあるでしょう。自分がやるべきことに直面したときに、いかにしてその問題をクリアしていくかを思慮していき、物事がうまく運ぶようにしていきますが、それでもその課題を乗り越えることができずに自信を喪失してしまうと「この職場では自分の能力を活かすことができないから転職しよう」という気持ちになっていくことは珍しくないことです。転職に向けて気持ちの良いスタートを切るためには、今まで職場で味わったつらいことを洗い流していき、良い所に転職できるように納得のいく就活を心がけていくべきなのです。転職をする際には、様々なアドバイスを通して悔いのない病院を選択できるようにしていくことが大切です。